スタッフ紹介

森 俊樹(もり としき)

院長

1982年 高槻市生まれ

経歴

龍谷大学社会学部 卒業

関西メディカルスポーツ学院 卒業

京都衛生専門学校 卒業

整形外科リハビリ室 4年勤務

整形外科付属の整骨院 3年勤務

クラブチームのトレーナー 7年

2012年  高槻とし整体院  開院

私が整体院の先生になったきっかけ

高槻の高校時代バレーボールを毎日のようにしていました。その時ひどい腰痛に悩まされ、ボールをとろうと前かがみも辛い状態で、痛みを我慢しながらバレーボールをする毎日でした。

病院に行っても痛み止めの薬と湿布だけ出され、「安静にしてください」と言われ、整骨院に行って腰の施術を受けるも、その場は楽になりますが、次の日になるとまた悪い状態に戻る日々・・・。

「もうバレーボールをやめるしかないのか・・・」という不安な気持ちでいっぱいでした。

 

バレーボールをしていました。

そのような時に、母からとある治療院の紹介され、半信半疑でしたが施術を受けに行くことに。

施術時間はものの30分程度でしたが、施術を受けた後に、今までにない感覚に襲われたのです。

いつもは起き上がる時に痛みを感じていたのが、楽に起き上がることができたのです

施術

なぜ、そのような結果が出たのか、詳しい理論などはその当時の私ではわからなかったですが、腰が悪いのにも関わらず、足や上半身の調整をしてくれたのは明確に覚えています。

この経験をきっかけに、何年後かに「本物の整体を提供できる先生になろう」と決意。

その後国家資格を取得し、2012年1月にとし整骨院を開業。

 

施術

色々な施術法を勉強したりして、現在の施術スタイルを確立しました。ただ、過去の私自身が腰痛で悩んでいた時に受けた施術が大きく影響しているのは間違いありません。

この経験をいかし、地域の方々に貢献できるようこれからも頑張ります。

白山 容子(しらやま ようこ)

アシスタントスタッフ

2017年 とし整体院 勤務

カメラが好きで、色々なところに行って写真を撮ってます。

旅行が大好きです。写真は南米ボリビアのウユニ塩湖です。

石田 恭太(いしだ きょうた)

石田先生

1989年 鳥取県 出身

スポーツジム 1年 勤務

接骨院 2年 勤務

2014年 とし整体院 勤務

私が整体院の先生になったきっかけ

小学校から高校まで野球をしていて、ポジションはピッチャーでした。

ところが高校2年の時に投球が原因で右肘・右肩を痛めてしまい、ボールが投げれない状況に。

 

野球をしていました。

近所の整形外科に行ってリハビリを受けるものの、結局湿布を出されるだけ…。

結局全く治らず途方にくれていました。

そのような状況の時にとある整体院の噂を聞き、そこに行くことに。

施術を受けたところ、驚くくらいに激的に回復することができました。

この出来事をきっかけに「自分も痛みを改善する仕事をしたい」と思い、整体の世界に入ることを決意しました。

高校卒業後は地元の鳥取を出て、大阪の専門学校に入学しました。

昼間は学校で勉強し夜は仕事をする、という生活を続け、無事卒業し、国家資格を取得することができました。

卒業後はスポーツ医学や整体など、さまざまな分野の勉強に励んでおります。

スタッフ一同

皆さんのご来院を

 お待ちしております。

とし整体院

〒569-1022大阪府高槻市日吉台一番町12-12 1階(とし整骨院内 併設)